本文へスキップ

TEL. 019-638-2623

〒020-0832 岩手県盛岡市東見前3-10-2

下水道技術者育成

 下水道公社では、岩手県内市町村の下水道担当職員を対象に技術研修を開催しています。
 「下水道事業に携わる職員の技術向上」を目標として、下水道全般、下水道管路施設及び処理場施設の維持管理に関して行っています。

平成29年度 岩手県下水道公社技術研修の開催      

 平成29年度は、2回の研修を予定しております。
 第1回は、下水道管渠施設の布設工事に関して、図面の見方から積算までの研修を行いました。多数の出席を賜りありがとうございました。
 第2回では、維持管理をテーマに講演を行います。今年度は、新しいプログラムとして『施設見学ハウツー』を追加しました。公社が実施している普及啓発のノウハウについてご紹介します。教材として使えるパワーポイントデータも提供しますので是非ご利用ください。
 講演は下水道管路ストックマネジメントの手引き解説、ストックマネジメント支援制度におけるマンホールふたの取り組みについて、事例紹介を交えながら行います。
 例年実施している下水道施設の管路施設、機械設備、電気設備の維持管理では、従来の内容をさらに充実させるとともに、参加いただいた方へはすぐに使える点検報告書の様式も提供いたします。
 運転管理については、最新の知見も踏まえてトラブル発生時の県への報告などを紹介し、良好な水処理を継続するための運転方法について説明します。

(第2回)ご案内
1.期間 平成29年7月6日(木)7日(金)
2.会場 都南浄化センター 4階 研修室
3.研修内容
 日 時    研修科目   内 容  
【1日目】
7月6日(木)
10時00分
~16時00分 
「下水道管路ストックマネジメントの手引き解説」  下水道管路ストックマネジメントの手引き(案)の改訂経緯及び内容について、事例紹介をまじえながらわかりやすく説明します。
       一般社団法人全国上下水道コンサルタント協会 
「施設見学ハウツー」  当公社で実施している施設見学案内など普及啓発方法のノウハウについて説明します。
研修を受講された方には、公社で使用しているパワーポイント資料記念品などのサンプルを提供いたします。 
「マンホールふたの計画的な維持管理について」  維持管理の必要な背景から下水道ストックマネジメント支援制度におけるマンホールふたの取り組み方について、事例紹介をまじえながら説明します。
         日本グラウンドマンホール工業会 
「管路施設の維持管理」  管路施設の点検調査や修繕など維持管理事例について紹介します。 
【2日目】
7月7日(木)
10時00分
~15時30分  
 「処理場設備の維持管理」 機械設備及び電気設備にありがちなトラブル対応について、対応事例を紹介。点検報告書のチェック方法について事例をあげて説明します。
そのまま使える報告書様式を提供いたします。 
 「処理場の運転管理」  最新のトラブル対応事例(県への報告等)やトラブルを未然に防ぐための方策を紹介。微生物観察を通じて、良好な水処理を継続するための適切な運転方法について説明します。

4.申込方法
 受講申込書に必要事項を記入の上、FAXかメールで申し込み願います。

5.申込先
 公益財団法人 岩手県下水道公社 〒020-0832 盛岡市東見前3-10-2
 【担当】企画管理課 古谷 学
 電話番号:019-638-2623 FAX:019-632-1157
 E-Mail:m_furuya@isf.or.jp

6.締め切り
 平成29年6月28日(水)

7.平成28年度の研修の様子

(第1回)
1.期間  平成29年5月26日(金)
2.会場  都南浄化センター 4階 研修室

バナースペース

公益財団法人岩手県下水道公社

本社
〒020-0832
岩手県盛岡市東見前3-10-2

TEL 019-638-2623
FAX 019-632-1157

業務課

TEL 019-614-9170
FAX 019-632-1157

あなたは累計
人目の訪問者です。
本日 昨日